一般的な使用条件-テナント

識別

サイトwww.corsica-realties.com(以下、「サイト」)は、SAS MHG Group SASUという会社によって発行され、資本金は5,000ユーロで、登録事務所は128 Rue de laBoétie、75008 PARISで、登録されています。 RCS Paris N°848 540 977 00016で、そのコミュニティ内VAT番号はFR48848540977です。 (以下、「編集者」)

連絡先:+33 786 202 815

infos@corsica-realties.com

定義

大文字の用語の定義は次のとおりです。

お知らせ:広告主が賃貸した物件の提示と賃貸条件を示します。

広告主:賃貸する不動産の所有者、または賃貸する権限を持つ不動産業者、およびサービスを使用して自分の不動産をオンラインで提供する人を意味します。

物件:広告主が賃貸物件を提供することを意味します。

テナントCGU:テナントに適用される本サイトの一般的な使用条件を指定します。

テナント:サイトを通じてプロパティを借りるサイトのユーザーを意味します。

パーティー:これらのテナントのTとCを受け入れたパブリッシャーとテナントを無差別に指定します。

サービス:サイトによって提供されるサービス、特に広告主とテナント間の接続を示します。

サイト:ウェブサイトwww.corsica-realties.comを意味します

ユーザー:サイトを使用している人を意味します。

件名

このサイトでは、広告主が所有している賃貸物件、または所有者から賃貸物件を提供することを委任されている賃貸物件を提供することができます。テナントは、サイト上のプロパティを予約し、賃貸料を支払うことができます。

これらのテナントT&Cは、サービスを使用する前に、遅くともサイトに登録するときに承諾する必要があります。アカウントを作成すると、これらの規約に完全に同意したことになります。パブリッシャーが明示的に受け入れていない場合、これらのテナントCGU以外のパブリッシャーに対して条項を呼び出すことはできません。

これらの変更はテナントに送信されます。新しいテナントCGUが拒否された場合、テナントはサイトを使用できなくなり、そのアカウントは閉鎖されます。

本サイトが提供するサービス

このサイトでは、テナントはオンラインアカウントと賃貸物件にアクセスできます。

テナントは、借りたい物件を検索できます。表示順序は、使用するフィルターと場所に関するテナントの期待、到着日と出発日、テナントの数、最大宿泊人数、寝室の数、バスルームの数、プロパティの名前、プロパティのタイプ、1泊あたりの平均価格、利用可能な機器、コレクション、プロモーション。

商品は、所有者またはエージェントによって直接レンタルで提供されます。

レンタルは、家具付き/家具なしの短期または長期の場合があります。

テナントは、希望の物件、賃貸日を選択し、オンラインで賃貸料を支払うことができます。

サイトへのアクセス

サイトにアクセスするには、ユーザーはインターネットにアクセスできる必要があります。機器、インターネット接続に必要なすべての費用は、ユーザーの責任です。

ユーザーは、以下に説明するインターネットの特性と制限を認識していることを宣言します。

インターネット上でのデータ送信は、技術的な信頼性が比較的高く、インターネットの適切な機能を保証することはできません。

出版社は手段の義務に従ってサイトへのアクセスを保護するために重要な措置を講じたが、インターネット上を流通するデータは不正利用の対象となる可能性があり、したがってパスワードの通信は、機密コード、より一般的には、機密情報はユーザーの自己責任で作成されます。

インターネットがオープンなネットワークであり、この手段によって送信される情報が横領、詐欺、悪意のある、または不正なユーザーの情報システムへの侵入、ハッキングのリスクから保護されていないことデータの無許可の変更または抽出、変更、プログラムまたはファイルへの悪意のある変更、またはコンピュータウイルスによる汚染。したがって、自分のサーバーに保存されている自分のデータやソフトウェアをウイルスによる汚染や第三者によるコンピュータシステムへの侵入の試みから保護するための適切な措置を講じることは、ユーザーの責任です。アクセスサービス経由。

上記の結果として、またインターネットの特性を十分に理解した上で、ユーザーは上記の1つ以上の事実または出来事に関して出版社の責任を負うことを放棄します。

ユーザーは、サイトにアクセスして使用するために必要なIT条件について十分な情報を得たことを認めます。

当事者の独立

両当事者は独立しています。テナントは、これらのテナントT&Cによってのみ発行者にバインドされます。いかなる場合も、パブリッシャーは、該当する場合、広告主とテナントの間で締結された賃貸契約の当事者であってはなりません。

したがって、広告主とテナントは、彼の資産が所在する国の法律、税金の支払い、賃貸の種類に応じて適用される規制を尊重する責任を負います...

サイト運営者は、サイトを通じて広告主とテナントをリンクすることを許可します。しかし、彼はエージェント、商業エージェント、不動産エージェント、またはその他の資格ではありません。出版社の地位は、オーゲットの法律に該当しません。広告主とパブリッシャーは完全に独立しています。

プロパティのレンタルに適した保険をかけるのは広告主の責任であり、プロパティがいつレンタルされるのかを知るのはテナントの責任です。

登録

サービスを利用するには、テナントは18歳以上で、契約できる必要があります。サイトへの登録は無料です。

ユーザーは、自分のニーズに対するサイトの適合性を検証し、事実を完全に把握して登録するために必要なすべての情報とアドバイスを受け取ったことを認めます。

テナントは、彼の名前と個人アカウントでの登録を認めます。各テナントは1つのアカウントしか保持できません。

テナントは、この目的のために提供されたフィールドに入力して、サイトに登録する必要があります。テナントは、彼に関する情報が正確であることを保証します。誤った情報が発生した場合、テナントはそれらを修正する必要があります。

ユーザーが入力したフィールドが完全に入力されていないか正しくない場合、パブリッシャーはサービスの適切なパフォーマンスを保証できません。

登録が完了すると、ユーザーは以前に選択したログインとパスワードで再接続できます。この情報は機密情報であり、開示すべきではありません。ユーザーがこの情報が第三者に盗まれたことを認識した場合、ユーザーは遅滞なく出版社に通知し、パスワードを変更することを約束します。さらに、ユーザーは各セッションの最後にログアウトします。

各ユーザーは1つのアカウントしか持つことができません。虚偽の身元または他人の身元を使用することは禁止されています。そのようなケースが発見された場合、ユーザーは通知または補償なしにパブリッシャーによってアカウントが閉鎖されること、および彼に対して法的手段が講じられる可能性があることが通知されます。パブリッシャーは、テナントの身元を確認する権利を留保します。テナントが上記の証拠を送信しない場合、彼のアカウントは閉鎖されます。

ロボット、スパイダー、クローラー、スクレーパーまたはその他の自動手段またはプロセスを使用してサイトにアクセスすることを試みたり、これらと同じ手段でサイト上のデータまたはその他のコンテンツを回復したりすることは禁止されています。

物件の賃貸

出版社は、オーゲット法の意味(1970年1月2日の法律第70号から第9号および1972年7月20日の法令第72号から第678号)の範囲内の不動産業者ではないため、品質については責任を負いません。広告主によってレンタルされた商品、またはテナントの財務能力やその他の特性。したがって、パブリッシャーはテナントの選択に関していかなる方法でも行動せず、レンタル契約はテナントと広告主を拘束するだけです。

商品は所有者または専門家によってレンタルされます。情報は広告に明確に表示される必要があります。広告主とテナントが自由に確立する賃貸契約の条項は同じではなく、消費者法は2人の個人間には適用されません。

レンタルは、テナントのユーザーアカウントによって、サイトで直接要求されます。テナントは、賃貸したい物件、賃貸日を選択します。要求された情報を正確に記入すること、特に到着日と出発日に誤りを犯さないことは、テナントの責任です。テナントは自分用にプロパティを予約する必要があります。いかなる場合でも、第三者の予約はできません。

テナントによるオンライン支払いは、広告主が「即時予約」オプションを無効にしていない限り、プロパティの自動予約になります。レンタル支払いに問題があった場合、予約は自動的にキャンセルされます。

レンタルは不当に拒否することはできません。広告主は、テナント(性別、国籍、宗教など)の選択を差別しないことを保証します。そのような行為を出版社に報告する必要がある場合、後者は広告主のアカウントを終了する権利を留保します。

パブリッシャーはユーザーの身元を保証できません。テナントによって示されるIDが正しいこと、およびその逆を確認するのは広告主の責任です。

賃貸の終了時に、テナントは通知を残すことができ、それは公開される場合があります。広告主はそのレビューに返信する機会があります。

実際の側面、特に施設に出入りする予定について合意するのは、広告主とテナントの責任です。出入りの目録を提供することを強くお勧めします。このドキュメントは、特に、プロパティが送信された状態で返されたかどうか、および結果を検証することを可能にします。

発行者は、特にレンタルのキャンセルの場合、保険を提供しません。特にキャンセルを見越して、十分に保険をかけるのはテナントの責任です。

テナントの責任

テナントは、これらのテナントT&Cで指定されている以外の目的でサイトを使用しないことに同意し、特に商業目的で使用しないことに同意します。テナントは個人的な使用のために、そしていかなる場合でも第三者のためにプロパティを予約します。

テナントは、すべてのレンタル情報、特にレンタルの期間と滞在中に存在する人数を広告主に送信する必要があります。この情報が正しくない場合、広告主はテナントのプロパティへの入力を拒否することがあります。

テナントは、賃貸中の物件の行動と尊重について単独で責任を負います。彼は特に、サイトに存在するテナントのチャーターを尊重することを約束します。

テナントは賃貸契約の遵守に責任があります。一般に、テナントは、広告主との予定の日時を尊重することに同意します。

賃貸物件を尊重し、敷地内に入ったときの状態に戻すことは、テナントの責任です。

広告主は、テナントが遵守することに同意した特定の指示とセキュリティ対策を発行する場合があります。

広告主は、物件に関連する保険、および物件の賃貸に適用される法律の遵守について単独で責任を負います。テナントは、施設に入る前に、これらのさまざまなポイントについて問い合わせることをお勧めします。

本サイトでは、テナントは、投稿または第三者に送信するコンテンツに対して責任を負います。テナントは、サイトまたはサイトを介して第三者に生じたいかなる損害についても責任を負います。

出版社の責任

パブリッシャーは、サイトを永続的にオンラインにするために必要なすべての手段を実装することに同意しますが、稼働率を保証することはできません。特に、発行者はインターネットネットワークの永続性を保証できません。また、サイトは、特にメンテナンスやその他の理由により、発行者に責任を負わずに利用できない場合があります。

パブリッシャーは広告のホストとしてのみ機能し、広告のパブリッシャーとしては機能しません。広告主は、広告の要素について単独で責任を負います。広告が虚偽であるか第三者の権利を侵害する場合、発行者は責任を負うことができません。発行者は広告の信憑性を保証するものではありません。パブリッシャーがそのようなアクションについて通知された場合、パブリッシャーは直ちに広告を撤回し、広告主に対して訴訟を起こすことができます。

広告の写真は、オンライン公開用に若干変更される場合があります。広告主は、商品の写真について責任を負い、誤解を招かないようにします。写真が物件の現実を表していない場合、編集者の責任を負うことはできません。

禁止されているコンテンツ、第三者の権利を侵害しているコンテンツ、または知的財産法は、違法なコンテンツを示す通知が行われた後、発行者によって削除されます。違法なコンテンツの非難は、電子メールアドレス(infos@corsica-realties.com)の発行者に行うことができます。

サイトでは、物件の利用可能日を示すことができます。広告主が商品が利用できる日付を正しく入力しない場合、発行者は責任を負うことはできません。

パブリッシャーは、ホーゲット法の意味における不動産会社ではなく、いかなる場合もテナントと広告主の間の仲介を行いません。レンタルがうまくいかなかった場合、発行者は責任を負うことはできず、発行者はテナントまたは商品の所有者を管理できません。物件の賃貸に関する問題賃貸の予約段階または実施段階ですが、広告主とテナントの間で解決する必要があります。パブリッシャーは、広告に含まれる情報の正確性、完全性、または有用性を保証しません。コミットする前に注意を払うのはテナントの責任です。

パブリッシャーは、コンテンツを制御できないため、サイトに表示され、サイトに属しておらず、サイトによって制御されていない他のインターネットサイトにつながるリンクについて、一切責任を負いません。個人データ保護憲章または第三者が公開したサイトの慣行。

一般に、出版社の責任は、直接および予測可能な損害に対してのみ関与することができます。その責任は、いかなる間接的損害、または広告主、テナント自身、第三者、または不可抗力の事実に原因を発見したいかなる損害にも関与することはできません。

価格と支払い方法

サイトでレンタルが行われた場合、テナントは予約が最終となるようにレンタル料金を支払う必要があります。価格は広告主が設定します。

テナントは、パブリッシャーによって提供されたものから彼自身が選択した安全な支払い方法を使用して賃貸料を支払います。

銀行振込、銀行小切手、現金、Paypal、Stripeなど。

支払いは安全です。これらの一般的な条件とは関係なく、各支払い方法の一般的な条件を受け入れるのはテナントの責任です。

税金

税は表示価格に追加できます:VAT、観光税、…

広告主は、対象となる税金、または徴収しなければならない税金について責任を負います。レンタル価格に追加されるこれらの税額を正確に示すのは彼次第です。

広告主が税金を省略している場合、発行者の責任を負うことはできません。すべての税金が示されていない場合、広告主は広告が削除され、アクセスが閉じられることが通知されます。

観光税に関しては、サイトから直接徴収されることは決してないため、テナントが支払う総額から差し引かれます。

観光税は、発行者が徴収しない場合は、広告主が自分で徴収することをお勧めします。

テナントは、問題が発生した場合は発行者に通知する必要があります。

税金の払い戻しまたは異議申し立ての可能な要求は、関係する行政機関に対してのみ行うことができ、発行者に対しては行うことができません。

レンタルのキャンセル

レンタルのキャンセル条件は広告主が設定します。広告主は、プロパティプレゼンテーションシートでキャンセルと払い戻しの可能性を非常に明確に指定する必要があります。

その場合、デフォルトの一般的なキャンセル条件が適用されます=不可抗力または非常に特殊な場合を除いて、到着予定日のD-30に含まれるすべてのキャンセルに対して預金(10%)が保持されます。この場合、メールアドレスinfos@corsica-realties.comからサポートに苦情を送信してください。

キャンセルが広告主からのものである場合、パブリッシャーは、このキャンセルに関するテナントからの苦情があった場合、および広告主がその広告主の主張を許可した後、通知または補償なしに広告主のアカウントを閉鎖する権利を留保します。引数。

終了

テナントとパブリッシャー間の契約の終了は、これらのテナントCGUの受諾を特徴として、アドレスinfos@corsica-realties.comに電子メールを送信することにより、いつでも行うことができます。契約の終了により、アカウントは閉鎖されます。

広告主からの苦情が発生した場合、パブリッシャーは、テナントを苦情に対応する立場に置いた後、補償金を支払うことなくテナントのアカウントを閉鎖することができます。契約は、テナントのアカウントが閉鎖された日に自動的に終了します。

テナントのアカウントが削除された場合、テナントは希望する情報を回復する必要があります。パブリッシャーはテナントのアカウントに含まれるデータを保持する義務を負いません。

広告主とテナントの間で締結された契約を終了するための条件は、広告主によって設定され、テナントによって承認されます。出版社はこの契約に関与していません。

知的財産

14.1。ウェブサイト

広告以外のサイトの要素は、パブリッシャーの所有物です。ユーザーは、コンテンツ、データベース、またはサイトの任意の要素に対する権利を変更、コピー、翻訳、配布、公開、送信、配布、作成、表示、または転送することを禁じられています。

ユーザーは、サイトおよびサイト自体を提供するために使用されるソフトウェアを逆コンパイル、解読、逆アセンブル、またはリバースエンジニアリングすることを試みることは禁止されています。

サイトには、サードパーティのサーバーから編集およびホストされたサイトへのハイパーテキストリンクが含まれる場合があり、特に広告バナーに関しては、その管理はパブリッシャーによって保証されておらず、制御を実行することはできません。

サイト運営者は、サイトからこれらのサイトへのアクセスに関連する結果(技術的、法的、またはその他)に関するすべての責任を拒否します。

テナントは、彼の登録により、その期間中、個人使用、非独占的、譲渡不可、譲渡不可の権利のみを有します。

14.2。サイトへの介入

ユーザーは、書面による介入において、人格権、知的所有権または工業所有権を含む第三者の権利を尊重することに同意します。ユーザーは、ユーザーが挿入した発言について、パブリッシャーに頼る場合、パブリッシャーを保証します。

ユーザーは特に、このリストが網羅的であると見なされない限り、コンテンツを使用せず、攻撃的、中傷的、人種差別的、外国人嫌い、修正主義者、または損害を与える性質のメッセージや情報を流布しないことを約束しますまたは、その起源、メンバーシップ、または民族グループ、国、人種の非メンバーシップによる個人またはグループの差別を扇動する、他の人の評判または、ポルノまたは小児性愛の性質の、特定の宗教、宣伝、個人または人々のグループを脅迫し、犯罪、犯罪またはテロ行為などを扇動し、他者の権利およびセキュリティを攻撃する人と財産。ユーザーは自分のメッセージに広告を掲載したり、他のサイトを参照するリンクを挿入したりしないことを約束します。

ユーザーがこのようなコメントがサイトに表示されていることに気付いた場合、彼は電子メールアドレスinfos@corsica-realties.comでその発行者に通知することを約束します。

テナントによる賃貸に関するコメントは、客観的で敬意を払う必要があります。オーナーは応答できます。

デジタル経済への信頼に関する2004年6月21日の法律n°2004-575の記事6-I、2および3に従って、編集者は、コンテンツがユーザーによるサイト。ただし、この法律で定められた条件の下での違法行為について通知を受けた後、すぐにアクセスできない場合を除きます。

その結果、ユーザーは通知を受け、パブリッシャーがユーザーによるパブリケーションを遅滞なく、予告なく、正当な理由なく削除できることを受け入れます。

コンピュータと自由

パブリッシャーがテナントから収集した個人データは、テナントのT&Cに同意してテナントが遵守したサービスを提供するために不可欠です。

必須データは、姓、名、住所、電話、電子メールです。

処理の目的は、顧客のフォローアップおよびサービスの実行に関連するすべての処理です。この契約は、処理の法的根拠です。

テナントのデータは、契約期間全体にわたって、そして調査を目的として契約関係の終了から最大3年間保持されます。

処理されたデータは、パブリッシャーが下請業者に送信したり、テナントがプロパティをレンタルした広告主に送信したり、必要に応じて訴訟に関連して司法に送信したりできます。

テナントは、彼に関して収集された個人情報へのアクセス、変更、修正、移植性、および削除の権利を有します。テナントは、彼の死後の個人データの使用に関する指示を発行者に伝えることができます。

この権利を行使するために、テナントはアドレスinfos@corsica-realties.comにメールを送信する場合があります。

パブリッシャーによる義務を遵守しない場合、テナントはCNILに連絡することができます。

テナントは、詳細についてパブリッシャーのプライバシーポリシーを参照できます。

Professional Advertiserは、テナントからデータを収集する際に、個人データに適用される規制を遵守するよう招待されています。彼は、処理の目的と彼らの権利を行使する可能性について彼らに通知することを約束します。

証拠合意

これらの一般販売条件の承諾に基づいて行われたテナントの「クリック」は、契約の承諾を構成します。

発行者のコンピュータシステムに保持されているコンピュータ化されたレジスタは、合理的なセキュリティ条件の下で保持され、両当事者間の通信の証拠と見なされます。

したがって、発行者は、あらゆる手順の枠組み内で、証拠の目的で、発行者が操作するコンピュータシステムによって受信、発行、または保存されたデータ、ファイル、プログラム、記録、またはその他の要素をすべてのメディアで有効に生成することができます。明白なエラーがない限り、デジタルまたはアナログ、およびそれを使用します。

雑多

これらの一般使用条件の1つまたは複数の規定が無効であるか、法律、規制、または管轄裁判所の最終となった決定に従って宣言された場合、その他ここでの規定は引き続き有効です。

本契約の条項は、当事者の承認された担当者がこれらのテナントT&Cの補遺の形で署名し、明示的に決定を行った事前の書面による行為なしに、当事者のいずれかによって除外、補足、または変更されたと見なされないものとします。契約条項の適用を脇に置き、それを補足または変更する。

パブリッシャーが本契約のいずれかの条項、および/またはユーザーによる契約上の義務の違反のいずれの時点においても自らを利用しないという事実は、後日、これらの契約条項または義務のいずれかを呼び出すための発行者による権利放棄に相当します。

訴訟

これらのテナントのTとCは、法の抵触の原則を考慮せずに、フランスの法律に準拠して解釈されます。

当事者は、裁判官に頼る前に、和解の試みを行うことを約束します。

現在のものの解釈および/または実行の際に、またはこれらのテナントCGUに関連して訴訟が発生する可能性がある場合、テナントは、訴訟を発行者に仲介手続きに提出することを決定できます従来のまたはその他の紛争解決方法。

テナントは、欧州委員会が次のアドレスで設定し、フランスで承認されたすべての紛争解決機関をリストした消費者紛争の解決のためのヨーロッパのプラットフォームにアクセスできます:https://webgate.ec。 europa.eu/odr/。

この調停手続きが失敗した場合、またはテナントが管轄権を取得したい場合は、民事訴訟法の規則が適用されます。